●「耳の不調」が脳までダメにする

読みと(出版社)

みみのふちょうが のうまでだめにする。     (講談社)。

紹介と感想など

音吉は、ウェブ上での別の名前があり、「キタラン」とも言います。 キタランは、クラシックギターを練習していますが、2013年6月頃、かなりひどい耳鳴りと難聴を経験しました。 詳しい内容は、別のサイトにある「耳鳴りと低音難聴」を見て下さい。 その時に買った本が、いま紹介しているものです。キタラン(音吉)は、当時、耳鼻科の医院に行った時、処方された薬について知識を得ました。 1つは、抹消神経障害を改善する薬で、ビタミンB12のようでした。もう1つは、抹消の血液の流れを改善する薬でした。 薬を飲み続けていると、耳鳴りと難聴は起こらなくなりますが、薬をやめてしまうと、再び低音難聴が起きることがあったので、そのつど薬を飲みました。 ビタミンB12は、貧血の時にも使われるようで、2つとも血液と関係の深い薬のようです。そして、この本で説明されている内容では、 耳鳴りと難聴は、「動脈硬化と騒音」が原因で起こるということのようです。つまり、耳の不調は、1つは血管からのSOS、もう1つの原因は、 大きな音を聞くことにより起こるということです。耳鳴り難聴を避けるためには、大きな音を聞かないよう注意することと、血管を健康に保つと いうことのようです。血管を健康に保つには、「生活習慣の見直し」が必要である、ということです。そして、この本で知識を得たことによって、 さらに、「生活習慣の見直し」という観点から興味を引かれたのは、同じ耳鼻科の医師だった方が書いた本、「冷えとり」に関する本に関心が移ったことです。   [総ページ数=188]

印象に残った言葉

糖尿病。    動脈硬化。    騒音。    85dB以上。    地下鉄。    ヘッドフォン。    騒音性難聴。    抹消動脈疾患。    うつ。    生活習慣。    酸化ストレス。    ビタミンB12。    ウォーキング。    フルクトース。    有毛細胞。    ダンス細胞。    扁桃体。    セロトニン。    認知症。    海馬。    ゆらぎ。    五感。    耳サプリ。   

著者の紹介

中川 雅文(なかがわ まさふみ)
1960年、徳島県生まれ。国際医療福祉大学病院教授。 医学博士。日本耳鼻咽喉科学会認定専門医。


スポンサードリンク

アマゾンの本

検索・ 耳鳴り 難聴


音吉読書録
022←[023]→24

このページは音吉が読んだ本の記録と紹介です。