●これが本当の「冷えとり」の手引書

読みと(出版社)

これがほんとうの ひえとりの てびきしょ。     (PHP研究所)。

紹介と感想など

音吉は、子供の頃、身体はあまり丈夫ではなく、特に胃腸が弱かったと思いますが、 若い頃(20〜40才)は、食べ物を選ぶとか、食べ過ぎなどをほとんど考えたこともなく、比較的健康に過ごせたと思います。 50才を過ぎると、若いころと違って体のあちこちにいろいろと問題(動悸、頭痛、肩の痛みなど)が出てきます。 以前から、冷えが病気の原因になるということは、どこからともなく知って気にはなっていましたが、今回、耳鳴りと低音難聴を 経験して、さらに関心を持つようになりました。この本は、耳鼻科の医師をしていた著者が、「医者をいらなくすることが本当の 医者の役目」という思いから、西洋医学と東洋医学を上手に使い分け考え出した方法のようです。主な内容は次の通りです。 ◎本当の冷えとりとは。◎体に起きる変化(瞑眩)。◎すべての病は冷えが原因。◎毒とは何か。◎心の冷えも毒になる。 ◎冷えとり実践法(衣食住・春夏秋冬)。などです。冷えとりの基本は、「頭寒足熱」と「腹八分」 ですが、音吉の場合は、おいしいものがあると、つい食べ過ぎてしまうので、腹八分の実践ができていないかもしれません。   [総ページ数=173]

印象に残った言葉

靴下重ね履き。    五本指靴下。    半身浴。    頭寒足熱。    腹八分。    食べ過ぎ。    毒。    瞑眩。    一病息災。    顔色。    臓器。    血管。    気の巡り。    がん。    五情。    ストレス。    毒出し。    五臓の相克。    五臓の親子。    傲慢。    冷酷。    利己。    強欲。    発熱。    絹。    噛む。    湯たんぽ。    正活絹。    正しい活き方。    継続。   

著者の紹介

進藤 義晴(しんどう よしはる)
1923年生まれ。1948年大阪大学医学部卒業。同大学耳鼻咽喉科教室に入局。 1971年小牧市民病院勤務。1981年同病院退職。

進藤 幸恵(しんどう ゆきえ)
進藤 義晴の二女。父に代わって講演や勉強会に出る。


スポンサードリンク

アマゾンの本

検索・ 冷えとり


音吉読書録
023←[024]→25

このページは音吉が読んだ本の記録と紹介です。