What's New ?
 2018/12/13:分類「四字熟語」を更新。  2018/12/06:分類「学ぶ」を更新。   更新記録

管理人からの一言今回の解説ページ=「一文不知」。    

ことわざは、長い歴史の生活体験から考え出された尊い知恵の財産です。 古いことわざは、近年あまり使われなくなってきているものもあると思いますので、消えてゆこうとする古い歴史のよい面を探し出し、 先人たちの残してくれた、これらのことわざの本来の意味を知り、記録に残してみたいと思います。 又、知っている、ことわざでも、内容を詳しく調べてみると、新しい発見があり、 先人たちの知恵の深さに驚かされることが、しばしばあります。 また、ことわざを学ぶことは、処世訓を知ることにもつながると思います。

ことわざ学習室では、ことわざを、実生活と結びつくように、いろんなカテゴリ(分類)に分けて掲載しています。 カテゴリの下には、そのカテゴリに関連した更に細かな「言葉(キーワード)」を設けて、ことわざを詳しく解説しています。 重要語の意味を参考にしながら、自分なりの解釈をしてみるのも楽しいです。

人が、ことばを聞いて、それを理解できるということは、不思議なことであり、またおどろくべきことでもあります。 言葉や文字があるということは、この世界が因と縁でつながっているという真理の延長線であり、人と人とが、つながるために 必然として生まれてきたものです。


当サイトの作成は、「Internet Explorer 8」を利用して、文字サイズ「」にて行っております。

11月のことわざ アクセスベスト5  (解説ページへリンク)  [数]は、アクセス数
1.去る者は追わず来る者は拒まず[3472]。   2.少欲知足[3412]。   3.柿が赤くなれば医者は青くなる[2700]。   4.後ろ指を指される[1927]。   5.人事を尽くして天命を待つ[1826]。  

ことわざ以外の句ですが、「飛梅の歌」に、[2368]のアクセスがありました。


11月のことわざ分類 アクセスベスト5  (分類トップへリンク)  
1.食べる。       2.友人。       3.恋愛。       4.家族。       5.仕事。      

スポンサードリンク