●仏教の本

ことわざが含まれる仏教に関する書物の一覧です。 概要には本の簡単な解説が、例句には、その書物に該当することわざを載せています。仏教では、 ことわざが含まれる項目は少ないようですが、鎌倉時代の琵琶法師が語る平家物語は、後の能や狂言、 浄瑠璃などに大きな影響を与えているようです。 仏教とは、紀元前500年頃、インドの釈迦を祖とする教えで、日本には、聖徳太子以来、長い間、根強く、 社会や文化に、さまざまな影響を与え、江戸時代には、国家の宗教となりましたが、明治維新に、王政復古が宣言され、 神仏分離政策の影響下、廃仏毀釈運動により、国家宗教としての勢いは衰退したようです。

法句経
概要 お釈迦さんが語った言葉を短い詩として集めたもので、お釈迦さんの 考え方などを知る為の書。最も古いものであり、最もお釈迦さんの教えに 近いものと考えられている。仏教の入門書であり、根本となる仏教の法が多く納められている書物。
例句 森羅万象。   諸行無常。   諸法無我。   因果応報。  

涅槃経   ( 遺教経
概要 お釈迦さんが亡くなる時のことを、詳しく書いた書。最後の説法 (悟りを開くための方法などを説く事)の旅の中で、お釈迦さんが語った 内容が載っている。
例句 諸行無常。   水に絵を描く。   凡聖一如。   会者定離。  

法華経
概要 大乗経典として最も普及したもの。主に宇宙の統一的真理としての妙法と お釈迦さんが永遠の仏であることを示す久遠仏を説く。また、 法華経には、開経(無量義経)と、結経(観普賢菩薩行法経)がある。 このお経は、お釈迦さん直説の教えでなく後代の人が創作した経典。
例句 会うは別れの始め。   渡りに船。   縁なき衆生は度し難し。   少欲知足。   四苦八苦。   獅子奮迅。   六根清浄。   不惜身命。   三界の火宅。   念念生滅。   採菓汲水。   五濁悪世。  

景徳伝灯録
概要 ダルマが始めた禅に関する書物。禅に関する語録をまとめたもので、 後の禅の教えに、大きな影響を与えた書。
例句 以心伝心。   千差万別。   子を持って知る親の恩。   心の病は医し難し。   不立文字。  

平家物語
概要 平家の繁栄とその滅亡を描いた、仏教的要素の強い物語。仏教の僧侶である盲目の 琵琶法師によって語られ、後の能の謡曲や浄瑠璃などに大きな影響を与えた。
例句 諸行無常。   盛者必衰。   良薬は口に苦し。   住めば都。   類は友を呼ぶ。   天に口なし人を以て言わしむ。   地獄で仏。   驕る平家は久しからず。   喧嘩過ぎての棒乳切り。   移れば変わる世の習い。  


お釈迦さんの悟りは不立文字

仏教は、お釈迦さんが悟った真理に関する教えですが、言葉や文字に表すことが難しいため、 師から直接、弟子に伝わるもので、当時は、出家信者主体の教えでしたが、誰もが救済されるべきと 考えられ、やがて、分かりやすく解説されたものが、大乗経典などの、お経ではないかと考えられます。 お釈迦さんが、文字を一切残さなかった理由も、そこにあるのではないかと考えられます。


アマゾンの本

ことわざの礎
02←[03]→04


仏教の歴史