●あなたの知らない脳   

読みと(出版社)

あなたの しらない のう。     (早川書房)。

紹介と感想など

本の題名が示す通り、私たちの脳の働きは、通常の意識状態では、考えもつかない仕組みによって成り立っているようです。 この本は、その事実を神経科学の立場から詳しく解説したものです。 副題は、「意識は傍観者である」とありますが、傍観者とは、ただ何もしないで見ているだけの人を意味します。 私たちの意識には、自分の知らない膨大な量の情報が蓄積されていて、それらが私たちの行動を支配しているというのです。 このことを著者は次のように書いています。「あなたの意識は、大西洋を横断する蒸気船に乗っている密航者のようなものだ。」   この考え方は、無意識を提唱する「唯識(ゆいしき)」に近いものがあります。つまり、著者の文章を唯識の観点から見ますと、 大西洋は唯識のアラヤ識に相当し、蒸気船は、唯識のマナ識を、密航者が六識をたとえているように感じます。   [総ページ数=393]

印象に残った言葉

錯視。    脳の舞台裏。    能動的視覚。    潜在的な偏見。    無意識の自己愛。    潜在的自己中心性。    自由意志。    遺伝子セット。    びっくりするほど気づかない(39)    目は正しいところに向いているのに、脳がその刺激を見ていない(48)    脳は大部分が閉鎖的なシステム(73)    経験の大半は意識から隠されている(91)    欲望ほど自然に思えるものはないが(117)    生まれつき備わっている思考による誘導(118)    生物は、それぞれ独自の環世界を持っていて(120)    脳によって能動的に構築される(126)    私たちは本能の環世界のなかで生きていて、、、、その環世界を知覚していない(138)    行動とは内部システムどうしの争いの結果である(224)    思考と呼ばれる大半は、認知の支配がおよばない水面下で起こる(225)    私たちはアクセスできない微視世界の歴史の成果物なのだ(238)   

著者の紹介

デイヴィッド・イーグルマン。
アメリカ、ニューメキシコ州生まれ。神経科学者。

訳者:太田 直子(おおた なおこ)、翻訳家。東京大学文学部卒。


スポンサードリンク

アマゾンの本



音吉読書録
039←[040]

このページは音吉が読んだ本の記録と紹介です。