●道教の本

ことわざが含まれる道教に関する書物の一覧です。 概要には本の簡単な解説が、例句には、その書物に該当することわざを載せています。 道教とは、中国、漢民族の伝統的宗教で、黄帝、老子を祖とする教えです。
黄帝(こうてい)=三皇の一人。中国古代の伝説上の王。医学に詳しい人。紀元前2500年頃の人か。   三皇(さんこう)=中国古代から、語り伝わった三天子。伏犠(ふっき)、神農(しんのう)、黄帝。   老子(ろうし)=紀元前600年頃の人と伝わるが実際に存在したかの疑いもあり、謎の多い人物。

老子
概要 中国、戦国時代の頃の思想家の考え方が書かれた書物のようで、紀元前500年頃から成った と伝わる道教の基本となる書。世界を成り立たせている根本のようなものを道(タウ)と説き、 「自然に帰ろう」と提案している。短い詩句、八十一より成っている。
例句 和光同塵。   知る者は博からず。   大事は小事より起こる。   怨みに報ゆるに徳を以てす。   千里の道も一歩から。   大器晩成。   足ることを知る。   無用の用。  

荘子
概要 中国、戦国時代の思想家、荘周が書いた書。全てのものを成立させる基本原理を「道」と呼び、 この道と一つになることによって、自由な生き方ができるとする考え方をたとえ話で表現したもの。 紀元前300年頃の書とされる。
例句 郷に入っては郷に従う。   名は実の賓。   聖人に夢無し。   大同小異。   読書亡洋。   明鏡止水。  

列子
概要 中国、春秋時代の頃の人が書いた書と伝わる。当時の教訓などを、たとえ話として 表現したもの。紀元前400年頃の書。後代の偽書とする説もある。
例句 疑心暗鬼を生ず。   朝三暮四。   多岐亡羊。  

アマゾンの本

ことわざの礎
01←[02]→03